希望通りの求人を見つけても・・・

「自分の希望する条件の求人情報を見つけた!ここにしよう!」そう思える求人情報にめぐり合うことが出来れば、すごくテンションも高くなり、嬉しくなるでしょう。しかし、「求人票に記載されている情報だけで決めてしまって本当に大丈夫?」一度足を止めて考える事も大事な事です。果たしてそこの職場の離職率はどのくらいですか?条件が自分の希望と一致しても、もし離職率が高ければ、何かしらの問題があるかもしれません。このような情報は、転職支援サービスでは把握しているはずですので、一度聞いてみましょう。また、例え把握していなかったとしても、コンサルタントが代行して確認してくれます。同時に会社側に聞いておきたいこと、働き始めてからの待遇などについてもコンサルタントを通して確認してもらうと良いでしょう。

求人票に書かれてることだけがすべてじゃない

求人票というのは、あくまで働くために最低限の情報が記載されている紙です。いくら記載されている条件が良くても、実際に働いていく環境が整っていないと、働き続けていくことは出来ないでしょう。せっかく採用試験に合格して無事に入職となっても、働く環境が自分と合わず、すぐに退職してしまってはもったいないです。そのようなことにならないためにも、転職活動を行っているうちに、転職支援サービスをうまく利用する事が大切です。転職支援サービスにいるコンサルタントは、企業側との間に入ってやりとりを行う事がサポート内容のひとつですので、実際に勤める事になる会社へ行き、働きやすさや周囲の環境という所まで代わりに見てきてもらうといいです。感じた事を伝えてもらい、その環境で自分は働いてく事が出来そうなのかという判断をするのも、大切なことだといえます。

望んでる条件で働くための交渉は個人では難しい

転職活動を行っていく上で、いろんな求人情報を見ていくと少し自分の希望する条件はわがままなのかな・・・」なんて思うこともあるかもしれません。そんな時は、自分の希望する条件に近い求人情報を探し出し、転職支援サービスを通して条件の交渉をしてもらうというのも一つの方法です。条件交渉は、なかなか自分ひとりで転職活動を行っていく場合には難しい事ですが、転職支援サービスを利用して転職活動を行っているからこそ出来ることです。コンサルタントは業界のプロですし、ある程度の信頼関係が企業側と結ばれているはずですので交渉してもらいましょう。少なからず企業側も優秀な人材を確保したいと思っているはずですので、条件交渉に応じてくれる事も少なくないのです。
好条件で働くためにはこれしかない!